ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

レビュー

自らの心の闇に直面させられる恐ろしいレビューのテキストが登場・・・!

これまで、設計レビューに関する書籍の定番と言えば、Kerl E. Wiegers氏の『ピアレビュー』でした。そこに今年、新たな定番が加わりました。しかも、日本語で。 ピアレビュー 作者: Karl E.Wiegers,大久保雅一 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2004/02/28…

今日も明日もレビューについて考える@SEA Forum

SEA Forum in July 2012に参加してきました。 テーマは「レビューについてあらためて考えてみよう」。IBMの細川宣啓さんと、ソニーの永田敦さんのお二人のかけあいプレゼンテーションでした。特にピンときたポイントをご紹介したいと思います。(細川さん許…

Wordを使い込んで魔法使いを目指す - ロギング編

前回は、Microsoft Wordでのドキュメント作成を並行して行う場合の機能、「グループ文書」を紹介しました。 www.kzsuzuki.com 今回のエントリではまた、Wordの標準機能の紹介をします。 ロギングの面倒を減らす インスペクションでは、レビューの前に「ロギ…

Wordを使い込んで魔法使いを目指す - 執筆編

コンピュータの使い方に精通している人のことを、「wizard」(魔法使い)と言ったりします。長沢智治さんのMicrosoft Powerpoint超絶技巧はまさにウィザード。「パワー・ポッター」の異名を取っていますね。 このエントリではより地味な、Microsoft Wordの便…

IBM細川さんに、レビューのサンプリング技を学ぶ #infotalk

産業技術大学院大学が主催している、Infotalk というイベントがあります。Webサイトによると、 ICT関連の熱い技術,面白い活用等を取り上げ,いろいろと議論したりする場(勉強会&交流会) だそうです。 その第38回は、日本IBMの細川宣啓さんによる「ソフト…

サンプリングレビューにおける「ガイド」を探した

昨年11月に開催されたレビュー祭(ブログ記事)で、「ガイドを用いたサンプリングレビュー」というレビュー技法が紹介されました。 www.kzsuzuki.com そこで提示された「ガイド」の例が、入出力のガイド。機能を記述した文章で、「入力」「処理」「出力」欄…

第1回レビュー祭で神輿の片棒かついできた - その3

その1とその2はコチラです。 www.kzsuzuki.com www.kzsuzuki.com 細川さん・細谷さんによる3つ目のワークショップと、クロージングパネルにちょっとだけ触れて、閉じようと思います。 ガイドに基づくレビュー 3つ目は、「ガイドを用いたサンプリングレビュー…

第1回レビュー祭で神輿の片棒かついできた - その2

その1はコチラです。 www.kzsuzuki.com レビュー祭りからあっという間に、開催から1週間が経ってしまいました。スピード感のないブログで申し訳ありません。その2では、チェックリストに関するセッション『レビューチェックリスト自慢、っん?』について。 a…

第1回レビュー祭で神輿の片棒かついできた - その1

RISING SUN ROCK FESTIVALをご存知でしょうか。 人生で一番音楽を聴いたであろう大学時代に初めて行った野外フェス、それが1999年の RISING SUN ROCK FESTIVALでした。 アーティストのラインナップをご覧ください。夜を徹してのこの超絶フェス、よく考えずに…

画面遷移の仕様を「画面遷移表」でレビューする

画面遷移図と画面遷移表 画面遷移図は、画面の遷移を直感的に理解するのにとても役立つドキュメントです。が、画面の遷移に関する情報は、それぞれの画面個別の仕様書にも書かれている。つまり情報が重複しているため、不整合のリスクを常に抱えた不遇のドキ…

設計工程の品質を見定めたくて仕方ない

社内の有志で、設計工程の品質評価技法についてディスカッションをしています。ソフトウェアの品質を評価するのさえ難しいのに、ドキュメントの品質となるとなおさら手がかりが少なく、いろいろ調べております。今回はそのメモです。 簡単に思いつくもの 設…