ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

ド・モルガンの法則、そしてキルアのOR - その1

 以下の記事で紹介したレビュー祭り、永田さんのセッションで、あいまいな日本語表現に関するお話がありました。
絶対ドラゴンズに勝って欲しい
 恥ずかしながら、この例文の何が曖昧なのか、なかなかわからなかったわたしですが、最近読んだ池上彰さんの著書にも、面白い「曖昧さ」の例がありました。
 
東京と長野の間を走る新幹線
 こんな表現を聞いた男の子が池上さんに、「新幹線はどこへ行くの?」と問うたそうです。池上さんも初めは、何を聞かれているのか理解できなかったそうです。この文章の曖昧さ、わかりますか?
  • 新幹線は、東京と長野の間を走る
  • 犯人が、狭い壁と壁の間を逃げる
 こう比べてみると、形式的には同じでも、「間」の意味がまったく違いますよね。
 これってたとえばスマートフォンのタッチパネルなんかで、「アイコンとアイコンの間をフリックすると、」みたいな表現は、誤解を招きかねないってことなのかと。言葉ってやはり難しい・・・。

論理関係の曖昧さ

 自然言語の曖昧さでもっとも重いのはやはり、論理式につながる表現だと思います。典型的なものは、以下の3つでしょうか。

否定の範囲の曖昧

 たとえば、
平日で、かつ午後7時以降でない場合、
 「でない」が「平日で」にもかかるなら、「平日でない、かつ、午後7時以降でない」のように、否定語は命題に直接くっつけて、さらに命題を読点で区切るなどして、少しはクリアにすることができるでしょう。スマートではないが・・・。
 「平日で、かつ午後7時以降でもない場合」のように、「で」を「でも」にすることで、否定語が前の命題にもかかることを匂わすことはできますが、これは日本語以外だと、汲みとってもらうのが難しいかも。

全否定と部分否定の曖昧

 たとえば、
すべてのチェックボックスがチェックされていない場合
 チェックボックスが「() () ()」である状態(全否定)を言っているのか、「(レ) (レ) ()」という状態(部分否定)でも該当するのか曖昧。「すべて~ない」という表現は危険です。
 前者であれば、「チェックされているチェックボックスが1つもない場合」。後者であれば、「チェックされていないチェックボックスが1つでもある場合」の方がクリアですね。

論理の優先度の曖昧

 たとえば、
入会から5年以上経っている、または特別会員で、かつ購入額が20,000円以上の場合
 論理演算子の優先度は一般的に、NOT > AND > OR となっているはずですが、それを暗黙に求められても困る。
 実例として、品川図書館の検索システム
 5つの検索項目を結ぶ論理演算子に、AND、OR、NOTが自在に選べます。どういう検索結果を期待しているのか、ユーザにはわかりづらいところです。

閑話休題。

 冒頭で触れた池上彰さんの本、けっこう面白かったです。言葉の誤用、変遷、敬語、カタカナ用語といった、日本語についてしばしば議論になるテーマを、池上さんらしい、丁寧で手堅く、決して炎上しない無難な語り口で一通りさらっていきます。
その日本語、伝わっていますか? (講談社+α文庫)

その日本語、伝わっていますか? (講談社+α文庫)

 

  たとえば「悲喜こもごも」という言葉。

 「入試の結果発表会場は悲喜こもごもで・・・」なんて使いがちですが、これ、誤用だそうです。一人の人間が、悲しみと喜びをかわるがわる味わうことだそうで。知りませんでした。
 ちなみに上の「閑話休題」の使い方も、誤用です。「閑話休題」は、その後の話ではなく、それまでの話を無駄口をみなすわけですから・・・まあ、あながち誤用でもないか。。。
 キルアもド・モルガンも出てこないまま、その1を終わります。