ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

ソフトウェアの定量的な品質管理に関する6年前のパワポを読む

 楽しかったゴールデンウィーク(黄金体験)も、残すところあと僅か。しかし明日はいきなり週末という、素敵な展開ですね。で、土日が終わると月曜日が来るわけですね・・・。
 そんな折、何故かgoogleアラートに飛び込んできた、「第23回ソフトウェア生産における品質管理シンポジウム」の発表資料(→PDF直リンク)を読んでみました。6年も前のイベントの情報が、何故今。
 タイトルは、「ソフトウェアの品質管理を定量的に行うために」東芝・小笠原秀人氏によるものです。
 この資料の目的は、
(ソフトウェアの)定量的な品質管理を実践するための基本的な考え方を理解する
ということで、SQuBOKガイドを読んでいるような方には、目新しいお話はないかも知れません。が、そもそも定量的な品質管理って?という向きにはわかりやすい資料です。P.42以降のGQMについては、やっぱり理解できませんでしたが・・・。
 わかりやすい絵として、品質管理を行っていく中で回すべきサイクルがP.35に示されています(P.41にも似たような図がありますが、違いは謎)。バグの原因分析から得られる改善作業は、そのプロジェクトのみでなく、「組織のプロセス」にも展開され、以降の開発プロジェクトのベースラインとなる、という。
 うん・・・理想は・・・そうですよね・・・。