ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

基礎から学ぶソフトウェアメトリクスセミナーが開講されます。

 ソフトウェアの品質管理といえば、メトリクスの話は避けて通れません。で、この講座、「基礎から学ぶソフトウェアメトリクスセミナー」。5月と10月に、2日間のコースで開催されます。 ※最近、日科技連の回し者のようになっていますが、善意の第三者です。

  • ソフトウェアメトリクスの基礎と理論を、体系的に説明します。
  • グループ議論や、表計算ソフトウェアによる品質計画・分析などの演習を重視しています。
  • 開発プロセスの各段階で「何を測定するか」を具体的に紹介します。
  • 日経BP社『演習で学ぶ ソフトウェアメトリクスの基礎』に即した内容です。
  • 参加費には、同書籍代が含まれています。
 「基礎」であれば、このblogでも紹介している『定量的品質予測のススメ』、およびその「実践版」(コチラの記事にて紹介)など、簡易に手に入るものがありますが、その道のプロをともに演習を行うというのは、確かに座学より効果的でしょうね。
定量的品質予測のススメ―ITシステム開発における品質予測の実践的アプローチ (SEC BOOKS)

定量的品質予測のススメ―ITシステム開発における品質予測の実践的アプローチ (SEC BOOKS)

  • 作者: 情報処理推進機構ソフトウェアエンジニアリングセンター
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 128回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 何といっても特筆すべきは・・・

参加費 53,550円(一般) / 48,300円(会員)
 ぼくの敬愛する諭吉先生の日本銀行券トレーディングカードが5枚も消えていく・・・。
 ので、清貧なわたくしはまず、「実践版」をしっかり読んで勉強します。これは本当にいい資料です。明日から5夜連続くらいで紹介します。たぶん。