ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

サイエンス

【本】タイトルはともかく、内容は理系おとーさん向け科学本

想像してみてください。 何万年ものあいだ、太陽の周りの巨大な軌道をたどり続けてきた彗星の一部が、あるとき地球の引力に捕らわれて流星となり、大気圏を突き抜け、猛スピードで地表に激突する・・・。 さてこの時、その隕石はどんな様子でしょう。 素手で…

【本】サイエンスをポピュラーにする試み2発

いわゆるポピュラー・サイエンス系の本を2冊、ご紹介。 世界を読みとく数学入門 悪しき義務教育の弊害で、数学が大嫌いになった人たちを救いたい・・・。 そんな慈愛の心から生まれたであろう本書。 世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒…

【本】昔は誰も、「AHA体験」とか「脳にいい」とか言ってなかった。

「脳のなかの幽霊 V.S. ラマチャンドラン」! 「ホームズ 対 ルパン」を思わせる煽りですが、亡霊と戦うインド人の冒険活劇ではございません。脳に関するお話の本である。 脳のなかの幽霊 (角川文庫) 作者: V・S・ラマチャンドラン,サンドラ・ブレイクスリ…

【本】ライフハック・・・ですか・・・?いや・・・別に「暗算」でいいと思うんですよ・・・。

算数時代における子供らって、「早く答えを出したヤツがえらい」ってところがある。そのせいでわたくし、毎回通信簿に「答えは早いがケアレスミスが多い」と書かれたわけですが、そのちょっとした優越感が、「算数好き!」という気持ちにつながると思うのだ…

【本】数リミナル効果って・・・(痛)

『なぜ、社長のベンツは─』、『さおだけ屋は─』、『スタバではグランデを─』・・・。名だたる玉石混合・THE・タイトルで気を引いて買わせちゃおう!新書シリーズに、新たな1冊が加わった!(笑) アイドルのウエストはなぜ58センチなのか 数のサブリミナル効果…

【本】宗教と科学、なんて両立させる必要はねえ!

ニューヨークの名物宇宙物理学者、ニール・ドグラース・タイソンによる天文学エッセイ。「天文学的」数字連発で、一般にあまり理解されていない天文学を、身近な例を引きながら実感させてくれる。パルサーの密度が指貫1個分あたりゾウ5,000万頭とか。むしろ…

【本】宗教と科学をどう両立させるのか、アメリカ人よ

科学と宗教。 一見相容れない両者の調和を、「科学側」の代表者ともいえるフランシス・コリンズ(Francis Collins)氏が解き明かしていく。 ゲノムと聖書:科学者、〈神〉について考える 作者: フランシス・コリンズ,中村昇,中村佐知 出版社/メーカー: エヌテ…