ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

【本】昔は誰も、「AHA体験」とか「脳にいい」とか言ってなかった。

 「脳のなかの幽霊 V.S. ラマチャンドラン」!
 「ホームズ 対 ルパン」を思わせる煽りですが、亡霊と戦うインド人の冒険活劇ではございません。脳に関するお話の本である。
脳のなかの幽霊 (角川文庫)

脳のなかの幽霊 (角川文庫)

  • 作者: V・S・ラマチャンドラン,サンドラ・ブレイクスリー,山下 篤子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/03/25
  • メディア: 文庫
  • 購入: 7人 クリック: 26回
  • この商品を含むブログ (27件) を見る
 

  ・・・「脳」と聞いただけで眉に唾をつけてしまう、あなた(、そしてわたし)。ご心配なく。本書には、AHA体験もAHAムービーも、「これが脳にいいんです」も出てこない。何しろ10年以上も前の本。今気付いたわ。AHA、AHAHAHA・・・★

 本書は、脳に何らかの障害を負った人々が見せる、不思議で驚異的な現象と実験の記録。それぞれの事例がどれも、脳の摩訶不思議な癖や特徴を語っている。
 たとえば、失ったはずの腕を、存在しているかのように感じる幻肢。一般的には、切断された部分で神経の末端部が腫になって過敏になるために、高次の中枢がだまされて、失った手がまだあると思い込むものと説明される。
 だがラマチャンドラン博士によると、その原因は、ペンフィールドの地図上、手と顔面がすぐ側にあることにあるという。腕を失った後に起こる地図の再配置により、顔面への刺激が手への刺激とも解釈される。顔面は絶えず動いており、常に刺激を受けているため、腕が存在するというリアリティもどんどん強くなっていく・・・。
 そうはいっても、触れられているのは明らかに顔であることを、視覚では理解できているのに、それを「腕を触られている」と脳は解釈すると・・・。何とも不思議である。
 脳にかかずらわっている時間がない人も、せめて第5章は読んでほしい。目の盲点を中心にした話題だ。
 「盲点に入った点が見えなくなる」というところまではよくあるが、その見えなくなった領域が、勝手に「補完」(本書では「書き込み」と呼ばれる)されているというのだ。
 盲点の確認の仕方をご存知の方は、ぜひ確かめてほしい。

1e020ab1

 右の黒い点を見つめながら、目を近づけたり遠ざけたりすると、ある距離で左側の赤い四角が消える・・・だけでなく、その部分は、上の黒い棒と下の白い棒が、自然につながっていくためのグラデーションで補完されるのだ。
 第5章では、通常よりずっと大きな盲点を、事故によってもつことになってしまった人の、驚くべき事例が紹介されている。
 第3章で紹介されている実験も、やってみた方がいい!
 わたしたちがと無意識に把握している、頭からつま先までの「自分の範囲」が、誰でもできる簡単な実験で、あっさりとだまされ、拡張されてしまうことが、気持ち悪いくらいによくわかる。
 今後は簡単にだまされることなきよう、AHAムービーで脳を鍛えることを決意した。(だまされてる)