ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

【本】タイトルはともかく、内容は理系おとーさん向け科学本

 想像してみてください。
 何万年ものあいだ、太陽の周りの巨大な軌道をたどり続けてきた彗星の一部が、あるとき地球の引力に捕らわれて流星となり、大気圏を突き抜け、猛スピードで地表に激突する・・・。
 さてこの時、その隕石はどんな様子でしょう。
 素手ではとても触れないような高温を帯びて、「ブスブスブス・・・」と熱を発し、場合によっては乾いた草や木に火をつけて火災を起こす・・・そんなイメージがないでしょうか。
『イケナイ宇宙学』 P.191
 衝突のときあるいは直後には、流星物質の内部の超低温が外の部分も冷やしてしまっているのだ。だから小さな流星物質は火災を発生しないどころか、その多くは実際に発見されるときには霜に覆われている。
 落ちてきた隕石は、熱くなんかない。
 このように、俗説や思い込み、SFの誤った科学考証などから、たくさんの誤りが生まれます。
 よくあるものでいえば、宇宙空間における戦いによる、爆音。空気がないのでそんな音が響かないということは、『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』においてすら夢のない注意書きがなされるほど知られています。

434b74eb

 でもたとえば、バスタブの栓を抜いたときに現れる、水の渦の向き。北半球と南半球では、コリオリの力の影響でこの向きが逆になるというのは、どうも本当らしく聞こえる。これは、本当なのか嘘なのか・・・。
イケナイ宇宙学―間違いだらけの天文常識

イケナイ宇宙学―間違いだらけの天文常識

  • 作者: フィリップ・プレイト,江藤巌,斉藤隆央,熊谷玲美,寺薗淳也
  • 出版社/メーカー: 楽工社
  • 発売日: 2009/03/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 20回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

  本書『イケナイ宇宙学』は、宇宙や惑星に関するたくさんの間違いや誤解を、ていねいに解きほぐしていくことをテーマとしています。

 確かに、『Bad Astronomy』という原題に対し、『イケナイ宇宙学』というタイトルは恥ずかしい。『ヤバい経済学』の二番煎じの匂いが漂いすぎているし、「Astronomy」は「宇宙学」より「天文学」じゃないか。
ヤバい経済学 [増補改訂版]

ヤバい経済学 [増補改訂版]

  • 作者: スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー,望月衛
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2007/04/27
  • メディア: 単行本
  • 購入: 34人 クリック: 437回
  • この商品を含むブログ (246件) を見る
 

  そんな気もしますが、内容はいたって硬派。現象の裏側にある理屈を、ジョークとアナロジーを交えてかなりしっかり解説。その割に、各章は意外なほどコンパクトにまとまっていて読みやすい。粗すぎず、詳しすぎずの塩梅がちょうどよいのです。

『イケナイ宇宙学』 P.61
 どんな親も普段の生活のなかで、子どもから必ずと言っていいほど「なぜ空は青いの?」という質問をされる。
 その時に備えて、久しく忘れていた科学のことも思い出してあげましょう。わたしはこの「なぜ青い?」の第4章を、3回も精読しましたよ。