ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

『R』勉強会に先立ち、統計の入門書を探してみた

 ヤマハ・小池さんによる、統計解析ソフト「R」の勉強会。
 以下の記事で紹介した第1回に続き、第2回の開催が告知されています。わたしも参加する予定です。
 これに先だって、そこら辺にある統計の入門書のいくつかに、ざっと目を通してみました。その中で、「この本は初学者にもいいんじゃないかなあ」と思った本を紹介します。あ、わたし自身が初学者なので、「わたしが勉強する気を失わなかった本」という意味でございます。

例題で学ぶ統計的方法

 ちなみに、勉強会で使うテキストはコチラ。
例題で学ぶ統計的方法 [改訂版]

例題で学ぶ統計的方法 [改訂版]

 

  いかにも大学の教科書に使われそうな、シンプルで癖のない内容。1つの章が短く、細切れで勉強するのによさそうです。統計の教科書のスタンダードな構成は知りませんが、学習する内容の順番も、手堅いもののようです。

完全独習統計学入門

完全独習 統計学入門

完全独習 統計学入門

 

  表紙から想像される退屈さとは裏腹に、わたしが一番気に入っている統計の本。
 初歩の初歩からスタートしながらも、「検定」や「区間推定」という統計学の1つのゴールに最短時間で到達することを目指します。

 この本は、偏っています。
 第1部では、「標準偏差」が統計で最も重要な概念であるいう軸を据えて、著者が重要なこと、本質的なことに多くの紙面を割く。たとえば、確率の話は意図的に、まったくといっていいほど出てこない。正規分布といえばまずコイン投げの二項分布から始まって・・・というのがアリガチなパターンですが、この本、二項分布という言葉が索引に出てこない。そのくらい徹底しています。
 第2部の目標は、t分布を使った小標本の検定・区間推定に最も効率的にたどり着くことです。
 常に、「何故今、こんな概念を持ち出すのか。現実の世界で何をしたいから、こんなことを考えるのか」ということを確認し、最終ゴールを常に見据えながら話が進んでいくので、とてもいい。第2部は読み込んでいませんが、流し読んだ限りでは、わたしでも最終ゴールにたどりつけそうな予感がしました。経済学の先生ということで、ボラティリティ、シャープレシオといった概念の説明も入っています。

今日から使える統計解析

今日から使える統計解析 (今日から使えるシリーズ)

今日から使える統計解析 (今日から使えるシリーズ)

 

  こちらは、かなりくだけた口調ながら、実用に向けた説明には手を抜かない入門書。笑いのセンスが10年単位で古いのが逆に笑えるのも特徴。
 前半の構成は、割とオーソドックスな流れと思いますが、内容はくどいくらい噛み砕いている。シンプルにすることで、かえって空疎な印象を与えがちなテキストが多い中、けっこう大事なポイントだと思います。
 真ん中くらいにはもう推定・検定が出てきて、後半には実験計画法のダイジェストにも至っています。で、最後に相関分析。こういう流れは少し珍しいかも。品質管理系の人向けかも知れません。

ハンバーガーショップで学ぶ 楽しい統計学

統計学がわかる (ファーストブック)

統計学がわかる (ファーストブック)

 

  これ、表紙からして軽い内容っぽく、実際かなり柔かいです。ハンバーガー屋さんを舞台にして、店長が悩む。「うちのポテトは他店より短いのか?」という疑問から平均・標準偏差、「何本かポテトを取り出して、全体の長さの平均はわかるかな?」から推定、「新商品の新しい味はどれは売れそう?」から検定と、1つの物語になっています。これもまた、「統計には色んな概念があるけど、結局どういう要求があって使うのか、いまいち・・・」となるのを防ぐ、いい方法だと思います。


 分かりやすさ、読者をおきざりにしない配慮では、3冊どれもいいと思います。しかしどの本もカバーしている範囲が違いますので、目次も見てみてください。個人的には、「完全独習 統計学入門」がお勧めです。
 統計・『R』に興味のある方は、勉強会へのご参加もぜひ!