ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

統計

判定器の「よしあし」に関するメトリクスを確認しておく - その2

機械学習の分類性能の指標として、「AUROC」「AUR-ROC」という言葉もよく出てくるので、Excelでいじってみました。 AUROCとは、「受信者操作特性曲線の下の面積」という直訳になりますが、意味不明ですね。 では前回に続いて、陽性か陰性かを分類するプログ…

判定器の「よしあし」に関するメトリクスを確認しておく - その1

JaSST'19 TokyoでのQA4AIの発表資料『AIプロダクトに対する品質保証の基本的考え方』に、Model Robustnessのキーワードとして「正答率、適合率、再現率、F値」とあります。 QA4AI JaSST Tokyo 2019 from Yasuharu Nishi www.slideshare.net このあたり、自分…

『R』勉強会 第2回は、相関分析など - その2

その1ではずれ値を外してあらためて散布図を描くと、「直線に乗ってるっぽい」結果になりました。 www.kzsuzuki.com 相関係数と最小二乗直線 では、x と y の相関の程度を表す相関係数を求めてみましょう。 直接コマンドを叩くのが速いです。相関係数(coeff…

『R』勉強会 第2回は、相関分析など - その1

ヤマハの小池さん主催の「(ソフトウェア品質技術者のための)R勉強会」の第2回が行われましたので、復習をかねてエントリを書きます。なお、当日のつぶやきまとめはコチラにあります。 togetter.com 今回のテーマは、『例題で学ぶ統計的方法』の第7話「散布…

『R』勉強会に先立ち、統計の入門書を探してみた

ヤマハ・小池さんによる、統計解析ソフト「R」の勉強会。 以下の記事で紹介した第1回に続き、第2回の開催が告知されています。わたしも参加する予定です。 www.kzsuzuki.com これに先だって、そこら辺にある統計の入門書のいくつかに、ざっと目を通してみま…

『R』勉強会で、統計を学んでいるところです。

「ソフトウェアの品質」というテーマに関わる以上、「統計のことはよく知りません」なんて、恥ずかしくて言えませんよね(統計のことはよく知りませんが)。 統計は、ソフトウェア開発の日々の業務に直接は関係ない、数学という学問。なので、どうしても勉強…

【本】これからの「正義」の話をしよ・・・ええ!?

その本は、「科学をわかりやすくする」を標榜する本にありがちな「まえがき」から始まる──。 『確率的発想法』 P.3 ここで確率と聞いて顔をしかめたなら、あなたは間違いなく学校教育の犠牲者でしょう。断じていいますが、「学校の確率」というのは、本物の…