ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

JSTQB Advancedの受験(破)を終えて ー 第2回

 第2回では「どんな風に」、第3回では「どんな問題が」出たか、雰囲気をお伝えします。

www.kzsuzuki.com

 まず問題文のスタイルとして、「最も適切なものを選べ」が中心。たまに「不適切なものを」選ばせる場合には、問題文に傍点が付けられています。バカバカしいヒッカケはありません。
 解答の形式としては、「単語・知識の記憶だけで回答できる」か「マネジャーとしての判断が求められる」かという軸と、「1問1答」か「多肢選択」かという軸があります。当然一番難しいのは、「マネジャーとしての判断力が求められる多肢選択」>です。
 ここでいう多肢選択とは、「次のA~Fのうち、適切なものの組合わせを選べ」ということです。イメージとしては、以下のような。

次の(A)~(F)から、適切なものの組み合わせを(a)~(d)から選べ。
(A)~~~である。
(B)~~~である。
(C)~~~である。
(D)~~~である。
(E)~~~である。
(F)~~~である。

 

【選択肢】
(a)A・C・D・Eは適切で、B・Fは不適切である。
(b)A・B・D・E・Fは適切で、Cは不適切である。
(c)B・C・E・Fは適切で、A・Dは不適切である。
(d)A・D・E・Fは適切で、B・Cは不適切である。

 「明らかにこれは違うだろう」という選択肢もありますが、「適切かも知れない」「不適切かも知れない」としか判断できないものも多い。まずは選択肢を読まずに(A)~(F)の適否を判断し、それの結果が選択肢あればステキですが、わたしの場合にはなかなかそうも行かず。考えた組み合わせが回答の選択肢にはない・・・ということが連発しました。

 文章だとわかりづらいので、すぐに表にしましょう。すると、意外なことがわかりました。

選択肢 A B C D E F
a    
b  
c    
d    

 Eに全部チェック付いてるじゃん・・・。
 ということで、そもそもEは検討の必要すらない。こんな選択肢が、3問ほどあったかと思います。
 それは極端としても、表を作ることで、選択肢の検討ポイントが明らかになります。ここでたとえばBは明らかに不適切ということであれば、選択肢(b)と(c)が消えます。すると、表はこうなる。

選択肢 A B C D E F
a    
d    

 この時点で、A・Dも、適否の判断をする必要がなくなり、残ったCとF、どちらが適切かという検討に絞り込めるのです。

 まあ、テストマネジャーとして資質とはまったく関係のない、セコイ話かもしれません。そもそもこういったアドバイス的な話は、受かった人のみに書く資格がある!と今さらながら自覚した次第です。