ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

今度はCFD法に手を出してみる - その3

 「その2」からの続きです。

www.kzsuzuki.com Niftyの加瀬さんが開発中の、CFD描画用Webアプリケーション「DrawCFD」を試用してみました。詳しくは加瀬さんのブログに記事があります。

 こういうアプリって、「マニュアル読まんでも、とりあえず動かせば何となくわかる!」というのがとても大事だと思いますが、DrawCFDは(CEGTestも)それを実現してくれています。同値図をおいて、同値クラスを作って、結果をおいて流れ線を引く、というのが簡単にできますよ。
 ANDばっかりで全然面白くない例ですが、図書館の延長手続きに関する条件を、CFDにしてみました。

3-1_218a4a2f

 この流れ線がたまらないですね。デシジョンテーブルも、退屈な内容でスミマセンがさわやかに生成されています。

3-2_a1cd2ab3

 現バージョンはプロトタイプということで、たとえば同値図や同値クラスの名前を変更すると、同値図や結果の枠線が消滅して一瞬アセりますが、同値クラスや結果の有効/無効を切り替えることで復帰します(笑)。
 まだ開発途上とのことで、今後の展開に期待いたします。ツール以前に、ちゃんと技法を理解せいと怒られそうですが。
 全然関係ありませんが、原因結果グラフやCFDなどで、ブログにたくさんキャプチャを貼るようになってから、Window7の知られざる標準アプリケーション「Snipping Tool」を愛用しまくりです。もっとよいフリーソフトもありそうですが、十分便利ですよ。