ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

ITシステムにおけるアビリティ用語

 「アビリティ」という言葉を、ファイナルファンタジーシリーズで覚えた世代のみなさま、こんにちは。ソフトウェアのqualitability&trade(嘘)を勝手に追求する、@kz_suzukiです。
 qualitabilityという言葉は存在しないだろうと思っていたら、googleで139件ヒットしました。ただし日本語ページでは1件もなかったので、このwebサイトを1番と認定してください。
 さて、IT用語には「~ability」とか「~性」といった言葉が大量にあります。特に強烈なのがISO 9126の、ソフトウェア品質特性に関する用語ですが、今回はそこには立ち入りません。
 SQuBOKガイドでまず出てくるアビリティが、「dependability」(信頼性)です。
 同じ「信頼性」として「reliability」がありますが、JIS Z 8115:2000によると、dependabilityは、
  • Availability(可用性)
  • Reliability(信頼性)
  • Maintainability(保全性)
を包括する、非定量的な概念だそうです。
重要インフラ情報システム信頼性研究会報告-総論 P.11
重要システムが提供するサービスが正確で信頼できる度合い、人が安心して情報システムに依存できる性質であり、フォールトトレランス(耐故障性)、フォールトアボイダンス(避故障性)や情報セキュリティなども含め信頼性、安全性、可用性などの複合的な性質を総称した概念
と、もう何でもアリです。
 説明としては、@IT情報マネジメント辞典の記事が、用語の関係・経緯など、一番わかりやすいでしょう。
コンピュータシステムの評価:RAS(IS)
 ここでふと、情報処理技術者試験でおなじみの、「RAS」を思い出します。コンピュータシステムを評価するための5要素「RASIS」のうち、特に大事な3要素。
  • Reliability(信頼性):MTBF(Mean Time Between Failure:平均故障間隔)が指標になる
  • Availability(可用性):稼働率。MTBF/(MTBF+MTTR)
  • Serviceability(保守性):MTTR(Mean Time To Repair:平均復旧時間)が指標になる
 Serviceabilityを直訳すると「サービス可能性」で、「サービスをいかに提供できるか」ということでAvailabilityと混同してしまいがちですが、Serviceabilityは「保守性」と訳され、修理にどのくらいの時間がかかるかを表す指標となります。つまり、Maintainabilityと大きな違いはありません。
 ・・・つまり、dependabilityが包括するものと、変わりませんね。(ただしITILで定義しているServiceabilityはまったく違う意味のようです)
情報セキュリティシステムの評価:CIA
 情報処理技術者試験ついでに、もう1つの3文字用語も。
 トップページに比べて突然個人ページのような様相を呈する、ISMSコチラのページによると、情報セキュリティマネジメントシステムが兼ね備えているべき3つの要素は以下です。
  • 機密性(Confidentiality)
  • 完全性(Integrity)
  • 可用性(Availability)
 Availabilityがどこにでも顔を出すということだけは、よくわかりました。