ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

英単語の発音を様々なシチュエーションで聴いて学ぶ、Youglish

 英語の勉強についての雑談です。

 英単語の中には、どうも発音がしっくりこない!というものがありますよね。
 ここ最近で思い当たるのは、rationalerational だと「理性的な」「合理的な」という意味ですが、e が付くと「論理的根拠」「理由付け」みたいな意味になります。
 ちなみに発音記号を見てみると

  • rational rǽʃənəl
  • rationale ræ̀ʃənǽl

 ・・・いや、わからんて。「伸ばす」っぽいことくらいでしょうか。

 そういう時に、発音を調べるだけならオンライン辞書でもわかります。たとえば Cambridge Dictionary ですね。

dictionary.cambridge.org

 さらに、「文章の中での使われ方」も含めて知りたいときに有効なのが、YouGlish
 無数にあるYouTube動画から、その単語を使っているタイミングを次々に見られるWebサービスです。

youglish.com

 キャプションも付いている*1ので、文脈もわかりやすい。
 TEDや著名人による演説が多いので、面白そうならそのまま観てもいいと思います。
 画面イメージはこんな感じ。

f:id:kz_suzuki:20200509063649p:plain
YouGlishのイメージ

 このサービスで、rationale は、気取った感じに「ラショナ~ル」と伸ばせばまあそれっぽくなるのかなとわかりました。発音がうまくなるわけではないが・・・。

 また先ほどオンライン英会話で初めて出会った、furlough。floral っぽいから、お花関係かしら?うふふ…と思ったら、「レイオフ、自宅待機」。。。
 意味はともかく、発音もイメージできなかったんですよね。YouGlishで確認してみると別にそんなややこしくなくて「ファーロゥ」みたいな感じでなんですけど、聴かないとわかりませんでした。

 そんな感じで、「いろんな人による発音を、いろんな文脈で聴く」ことを目的として、Youglish、お勧めします。

 なお、発音を調べてみてわかった大事な気づきは、以下の2つです。

(1) really と rarely は、一生聴き分けられない。
(2) -based って、「ベースド」じゃなくて「ベースト」じゃない!?

dictionary.cambridge.org

*1:というか、自動キャプションを付けられるからこそ、単語を拾ってこられるのだろう思いますが。