ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

JSTQB-ALのお勉強(2周目) ─ 3.9~3.11


スポンサードリンク

 うーん、「3.9 リスクベーステスト」は長い。テストの話よりもリスクの話が多くてツライ。プロジェクトマネジメント上の基本知識でもあり、読んでいてあまり面白くは・・・ない。4章5章の勉強をしたいな。
 過去のエントリはコチラです。

www.kzsuzuki.com

2周目の補足事項

リスクへの対応4パターン

 過去のエントリでも触れていますが、「リスク軽減」の4パターンは覚えておいた方がよさそうです。再掲しますね。

  1. リスクの発生確率を小さくする。
  2. リスクの影響度を小さくする。
  3. リスクを他の人/部門に引き取ってもらう(保険など)。
  4. リスクを無視して受け入れる。

 PMBOKの分類でいうと、1.は「回避」(avoidance)、2.は「軽減」(mitigation)、3.は「転嫁」(transference)、4.が「受容」(acceptance)に対応します。 *1

 ただ4の「受容」.は、シラバスの説明で「無視して」とあるのに対し、PMBOKではたとえばコンテンジェンシー費を積むなどして、リスクが発現した場合の準備はしておきます。ちょっと違いますね。

非模擬問題

3.9 リスクベーステスト から

 リスクそのものに関する問題はつまらないので回避。節の名前の通り、リスクベースドテストについて1問作ってみましたよ。

リスクベーステストについて述べた以下の文章のうち、誤っているものはどれか。選択肢(A)~(D)から選べ。
(A)1
(B)2
(C)3
(D)すべて正しい
  1. プロダクトリスクの大きさに応じて、テストケースの実行順序や欠陥の改修の順序を決める。
  2. リスクの大きいものから順番にテストを実行する方法を、「横型探索」と呼ぶ。
  3. テストの途中段階で、残存しているリスクや、新たに発生したリスクを再評価する必要がある。

 答えは(B)です。
 2.は「横型探索」(breadth-first)ではなく、「縦型探索」(depth-first)の説明です。単純過ぎてあまり面白い問題じゃないですね。すまない。

 わたしは横型より、縦型が好きです。本当は縦と横の折衷で縦横無尽にテストすべきなんでしょうが、一度特定の穴場に集中すると、どんどんdepth型の深みにはまっていってしまいます。
 横型でクールに、「すべてのリスクが少なくとも1回カバーされるように」進められる人を尊敬します。

 3.10・3.11は、コチラにたっぷり書いております通り、「ごもっとも」な内容なので、あえて問題にしておりませぬ。

www.kzsuzuki.com

*1: リスクの対処の分類について、AdvancedシラバスとPMBOKとの対応を書きましたが、tacohachiさんにコメントいただきました。

リスク回避(avoidance)とは100%リスクを避けることで、リスク軽減(mitigation)は発生確率と影響度を低減させることだと思います。ですから4パターンの1,2とは対応しないのではないでしょうか。ISTQBのシラバスでは、リスク処理(※リスク軽減と訳すと誤解する)として4つ挙げられているのは、予防的なリスク軽減、発生時対策、リスク転嫁、リスク受容かなと思います。  PMPの対策本を押入れから引っ張り出して確認しました。二度と見ないと思っていたが・・・。

PMPパーフェクトマスター PMBOK第5版対応

PMPパーフェクトマスター PMBOK第5版対応

 コメントの通り、「回避」は「脅威を完全に取り除く」とあります。また「軽減」も「発生確率や影響度を受容可能な限界値以下にまで減少させる」とあります。
 よって、1.と2.の合わせ技がPMBOKでいう「軽減」であり、「回避」に対応するものはありませんね。間違いを書いてしまい、すみません。ただ、大人は嘘をつきません。間違え(ry
 tacohachiさん、コメントありがとうございました。