ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

英単語を覚えるために作ろうとした中途半端な資料

 先週のTOEICで、「ひと通り解き終わったと思ったら回答欄が1つ余っている」という悲劇を経験したわたしです。
 自分の部門で、とても小規模にTOEICの勉強会をやっているのですが、教える側としてそーとう恥ずかしいスコアになることが目に見えているので、結果が出る前にもう1回受けようかなと思うくらい泣きながら、一気に提出しました。
 さて、あたかもTOEIC巧者であるかのごとく言うのは面映いのですが、TOEICでスコアが伸びない、というのは人によって理由が様々です。
 それが「単語」である場合には、たいてい単語を、日本語と英語の1:1で覚えようとしているなあと思います。この歳になって、単語帳を持ち歩いて暗記するとか、もう無理なわけですよ。そんな根性がない。
 なので、やはり、単語同士を関連づけて覚える。特に語源を意識するのはとても有意義なことです。
 仕事で「grep」という言葉を知っているなら、「expression」が「表現」という意味であることも多分知っているはずで、それなら「impression」はその「逆」な感じになりそうだ、とか。

www.slideshare.net

 と思ってがんばって、IT系の言葉(?)を織り交ぜたようなボキャビルスライドを作ってみました。が、これがまた思いのほか手間のかかる作業で、コスパが悪すぎるということで即、断念しました。
 死蔵するのもカワイソウなので、公開してみます。よく見たらrequestとresponse逆じゃね?みたいのありますけど。