ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

【本】日常にさんざめく濃厚なバニラ味の言葉

まさかジープで来るとは (幻冬舎文庫)

まさかジープで来るとは (幻冬舎文庫)

 
 学生の頃『伝染るんです。』を読んで、「日本人に生まれてよかった!」と思いました。この特別な笑いのツボは、日本人にしか理解できない。『稲中』で、田中がJ-WaveでなくAMを聴いていることを笑えるのも、おそらく日本人だけ。
伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

行け!稲中卓球部(1) (ヤングマガジンコミックス)

行け!稲中卓球部(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

  単にわたしが、他の国の笑いの形を知らないだけかもしれないけれど、日本人以外が、たとえば

回文じゃなかった
に、そこはかとない面白さを見いだせるか!?
 たった8文字に濃縮された日常のエッセンス。最低限の要素だけで成り立つ、幽玄の美(違)。日本人ならではの笑いの形。そして、「よくそれを拾って、言葉にしたよな」と愕然とする切り方。
そのチョキはなんだ
 『まさかジープで来るとは』は、こんな言葉の切れ端を集めた本。この言葉たちを何と呼べばいいのか。詩でもない散文でもない、必ずしも「あ、それ、あるある」でもない。
裏声でレリピーレリピーとはしゃいでいる
 このような自由律俳句の乱れ打ちと、いくつかのエッセイからなる本書、作者は文筆家のせきしろ氏と、お笑い芸人の又吉直樹氏。お笑い芸人の書いた本って、あまり興味が湧きませんが、これはお笑いならではの内容。
 不思議でならないのは、「こういう本、作らない?」というのを、どうやって持ちかけ、打ち合せたのか。「こういう」が、どうにも説明不可能で、書くとしても、ひとり。