ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

Webアプリがまた複雑になっていく恐ろしさ

 Webアプリケーションが苦手である。
 理由は、ブラウザ特有の動き。
 ファイル添付しようとして、たとえば画像をD&Dすると、ブラウザごとその画像を開いてしまうような。あわてて「戻る」を押すと、真っ白い画面で「セッションが切れました」と言われちゃうような。
 そういう、「自分のオペレーションがちゃんと保持されているかよくわからん」という心もとなさがイヤなのだ。「もうあの頃には戻れない」という、さらば青春的な一抹の寂しさがたまらないのだ。確信をもって、「戻」りたい。

 

 そんな思いも覚めやらぬ今日この頃、『日経NETWORK2009年9月号』で、「Webの限界を打ち破れ!」と題した、HTML5Cometの記事を読んだ。 
 ちなみにわたしは、雑誌はいつだって図書館で借りる太っ腹男で、そのため情報が常に数ヶ月遅れ。衆院選さえ終わっていないという、まさにインターネット時代の申し子のような存在なのである。
 そんな自慢はいいとして、この特集、大変興味深く読んだ。
 要約すると、
  • HTML: JavaScriptは小さなアプリを想定した言語だし、プラグインやActiveXといった外部プログラムはセキュリティ上のリスクが・・・
    →HTML5!もはや単なるマークアップ言語ではなく、JavaScriptがWebブラウザのパーサ・レンダラを利用するルールも規定。機能や表現力がアップ!
  • HTTP: サーバからクライアントへ勝手に送りつけることのできないPULL型で、ブラウザが(=ユーザが)「くれ」といわないと情報が更新されない・・・。
    →Comet!サーバ側からいつでも、ブラウザのJavaScriptに情報を送信できる!
ということのようですな。Ajaxすらロクに理解していないというのに、どんどん技術が進んで行く。。。
 それにしても、「頼んでもいないのにWebサーバが情報を送りつけてきやがる」っていうこの仕組み、モノスゴク危ないものに思えて仕方ないのだけれど、気の迷いなのかしらん。
 なお、Cometについては、ココココがわかりやすい。