ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

第3回ソフトウェアテストセミナー ─ その1

 10月21日、秋葉原で開催された「第3回ソフトウェアセミナー」に出席してきたので、そのメモを。
 基調講演は、IBMの細川宣啓氏。
 一度学会発表を聞き、お話したことがあるが、「ソフトウェアの品質はこれからの分野で、自分がそれを作っていくんだ!」という気概に満ちた、エネルギッシュな方。10月23日に40歳になったそうですが、とてもそうは見えない若さに溢れており、刺激を受けます。情熱の余り、プレゼンテーションの最後が超駆け足になるのがチャームポイント!
 講演のタイトルは、「現場主導の実践的なソフトウェア・メトリクス測定のもたらす効用・効果」
 アメリカにおいて、この測定にかけるコストは、ソフトウェア開発の費用の5~9%だそうです。測定が利益に寄与する度合いなんて、具体的に目には見えづらいのに、です。測定とフィードバックは、日本のお家芸のように思っておりましたが、とんでもないですな。
 「効果的なソフトウェアメトリクスの持つべき属性」として、以下の6つが挙げられています(ハンドアウトより引用)。
効果的なソフトウェアメトリクスの持つべき属性
(1)単純で計算しやすいこと
(2)経験や直感に照らし合わせても説得力があること
(3)一貫性があり客観的であること
(4)単位や次元が一貫した使い方をされていること
(5)プログラミング言語から独立していること
(6)品質を改善するための効果的なメカニズムがあること

 わたしが今一番気にしているのは、(1)です。
 メトリクスを測定するためには、生データがなくてはならない。自分で集めることもできるけど、すでに誰かが記録しておいてくれたデータがあれば、楽。かといって、その「誰か」に、「こういう測定することになったから、今後これこれのデータをとっておいてくれやー、簡単だべ?」なんて頼んで、受け入れてくれる暇人はまずいません。
 なので、もともと記録されているデータを使ったメトリクスを考えるのが、第一歩と思っています。

 ところで、「基調講演」(keynote address)って結局、何なんですかね。。。いくら調べてもわからんのですが。

www.kzsuzuki.com