ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。

同値分割の「partition(ing)」という単語についてのメモ

 同値分割に関する湯本さんのnoteを読んでの、単なるメモです。

note.mu

 そもそも、part、partition、partitioning と、英単語の時点でややこしいんですよね。以下、Oxford Dictionaryからの引用ですが、適宜はしょっています。

part

An amount or section which, when combined with others, makes up the whole of something.

 日本語でいう「部分」ですね。他の「部分」と合わせることで、「全体」を為す。ちょっと哲学的な言い回しです。

partition

 こちらは、名詞と動詞の両方の意味があります。

(n.)1. the action or state of dividing or being divided into parts.
部分に[分割する|される][動作|状態]。

 4つの組み合わせがありますが、JSTQBの文脈では「分割された状態・結果」が近そうです。なぜなら、「equivalence partition」が以下のように説明されている*1ためです。  

Equivalence partition
A portion of the value domain of a data element related to the test object for which all values are expected to be treated the same based on the specification.

 名詞の方はもう一つあります。

(n.)2. A structure dividing a space into two parts, especially a light interior wall. 空間を2つの部分を分割する構造、特に軽量な室内用壁。

 これは日本語でいう「パーティション」に相当しますね。

 次に動詞。

(v.)1. Divide into parts.
部分に分割する。

 「分割する」という動詞ですね。
 「区画する」という言葉もぴったりするかもしれません。

 ただJSTQB的には、「partition」は(n.)1的な意味で使って、動詞っぽさを出す時には、後述する「partitioning」を使っているのかも。また、(n.)2的な意味で使うと混迷が深まりそうです。  

partitioning

 これは動名詞であり、「分割すること」と捉えていいでしょう。
 Equivalence Partitioning は「同値(クラスに)分割(すること)」と補うと自然ですね。

 以上、特にスルドイ考察、深い見解はありません・・・・・・。

*1:湯本さんの記事からの孫引き・・・