ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

JSTQBテスト技術者認定の結果が発表されました!

 JSTQBテスト技術者資格認定の、Foundation(第9回)とAdvanced-テストマネジャー(トライアル)の試験結果が、10月22日(金)に発表されました。わたしもAdvancedを受験しましたが、残念ながらカスリもせずに落第しました。

合格者数について

 ExcelのCOUNT関数を駆使して定量分析を行ったところ、合格者数は以下。
  • Foundation 合格者計 803名
    東京 611名
    大阪 128名
    愛知 30名
    福岡 15名
    大分 7名
    沖縄 12名
  • Advanced 合格者計 19名
 JSTQB Advancedの初代ホルダーとなった日本代表19名の方々、おめでとうございます。

合格率について

 合格者数を見て少ない!と思いましたが、募集人数が200名で、未受験の方もいるでしょうから、合格率は10%程度ですか。
 情報処理技術者試験統計(PDF)を見ると、いわゆる「高度」の試験の合格率は
  • データベーススペシャリスト(平成22年度春期) 15.8%
  • ネットワークスペシャリスト(平成21年度秋期) 14.9%
となっており、Advancedレベルはこれらの試験よりも狭き門ということになります。Foundationの合格率が50%程度であることを考えると、FoundationとAdvancedには難易度にけっこうな差がありますね。
世界的には・・・?
 ちょっと古い情報ですが、JSTQBのFAQに、各国の認定者数が掲載されています。試験の実施回数がわからないので一概には言えませんが、合格者数全体に対するAdvancedレベル認定者数の比率が、アメリカでは3%弱と意外に低い。一方、スイスは24.9%、ドイツは23.1%と、欧州勢が強さを見せつけていますね。
 日本については、今回の合格者数を足すと、Foundationが5,694名、Advancedが19名なので、Advancedの比率は0.3%。今後の定期的なAdvancedレベル試験開催に、期待です。

次回に向けて・・・

 次回以降の開催としては、
  • Foundation(第10回)は2011年2月19日(土)
  • Advanced(第1回)は未定
なっています。Advancedは、1年くらい先かも知れませんね。
 学習法としては、@momidiba さんのツイートにあるように、Foundationまでしっかり復習しつつの学習が大事なのでしょう。
 学習の範囲についても、たとえばテストドキュメントについて、IEEE829の改訂といった動きに合わせてシラバスも改訂されるかも知れず、新しく勉強することがありそうです。
 ますますやる気が出てきますね!(多分)
 地道な勉強を続けていきましょう。