ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

JSTQB-ALのお勉強(2周目) ─ 3.1~3.3

 さあ、JSTQB Advanced Level「テストマネジャー」では避けて通れない第3章「テストマネジメント」に入りましょう。標準学習時間は1,120分です!1日10分勉強するとして、112営業日。そして試験まであと5日!
 3.1~3.3の過去のエントリはコチラにあります。

www.kzsuzuki.com

非模擬問題

3.2 テストマネジメントドキュメントから

 2問、作ってみました。どのドキュメントに何を書くかということが大事なんじゃなくて、「全体として、こういうことを考えてテストを計画しようね」ってことを理解すればいいと思っているんですが。
 「何でこんな話をマスタテスト計画書に書いてるんだ!これはレベルテスト計画書に書くことだろ!」とか怒鳴られても。いや、そんな人いませんけどね。

テストマネジメントドキュメントについて述べた以下の文章のうち、正しいものの組み合わせを選択肢(A)~(E)から選べ。
(A)2, 4
(B)1, 3
(C)1, 2, 3
(D)1, 2, 4
  1. 「テストポリシー」はテストに対する組織の理念を表すものであり、さらに広く、品質に対する価値観を共有するものにもなりうる。
  2. 「テスト戦略」は、個々のプロジェクトにおいてテストポリシーを具体化したものであり、テストのレベル分けやアプローチについて定義するものである。
  3. テストのビジネス上の価値は、「マスターテスト計画」で記載すべきことの1つである。
  4. 「レベルテスト計画」では、マスターテスト計画で定義された個々のレベルのテストについて詳細に述べるものであり、各テストに要する予算の見積もりはまずここで報告する。

 答えは(B)です。
 2.について、テスト戦略は個々のプロジェクトではなく、組織でもつべきものです。4.について、各レベルの工数・予算の見積もりは、上位ドキュメントであるマスターテスト計画で記述するものです。

「2.5.2 テスト実行」から

マスターテスト計画に記載すべきものとして、誤っているものを選べ。
(A)プログラムのアイテムや品質属性のうち、どれをテストの対象とするかだけでなく、どれを対象としないかも明確にする。
(B)テストの対象とした項目を、どのレベルのテストで行うかを決める。
(C)それぞれのレベルのテストの開始金・終了基準を定める。
(D)組織にとってのテストの意味・価値を述べる。

 答えは(D)です。(D)は、「テストポリシー」に記載すべきものですね。
 うおっ、月曜日が7日ぶりに襲来。