ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

JSTQB-ALシラバスのお勉強 ─ 8.1~8.2

 第8章は苦しい章。わたしの一番の苦手分野である、規格や標準の名前が目白押しです。
 本来は、シラバスに書いてある概要だけでなく、それぞれの文献にあたって中身を知る必要があるのですが、標準学習時間が2時間ということで、うわっつらだけ撫でていきます。

 標準というのは、多くの専門家の叡智の結集。もちろん、企業が自社製品やロードマップを磐石にするための足がかりとして、血みどろの駆け引きが行われる戦場でもあるのでしょうが、ソフトウェア開発の標準については割と平和かも知れません。

ISO規格

 ソフトウェア業界において関わることの多い標準策定団体は、ISOIEEEIETFですね。
 ISO(国際標準化機構)は、英語でいうと「International Organization for Standardization」。これじゃIOSではないかと以前から思っていましたが、元々は「International Standards Organization」であったとシラバスにあり、妙に納得しました。しかしWikipediaを読むと、『略称で表そうとしたとき、言語によって異なる略称になってしまう。そこでギリシア語のisos(均等、均質)にちなみ、言語や地域によらない短縮名としてISOが選ばれた』。そうだったのか・・・。

 さあ、ソフトウェアテストに関係するISO規格を列挙します。Wikipediaからの引用です。

ISO9126
ソフトウェア品質の評価に関する国際規格である。 品質モデル、外部測定法、内部測定法、利用時品質測定法の4つの部分から構成される。

 これは、ソフトウェアの品質周りではおなじみの規格。品質特性モデルは頻繁に引用されます。
 ちなみにISO9000シリーズは、品質マネジメントシステムの規格。

<覚え方>
「ここのいい風呂(9126)の品質をモデルにしよう」

 ・・・。

ISO12207
ソフトウェアのライフサイクルを定義しており、システム上のサービスの入手や構成に関わる活動やプロセスも含まれる。各プロセスには必ずその出力となるものが定義されている。実際には 23種類のプロセス、95種類の活動、325種類のタスク、224種類の出力(成果物)が定義されている。

<覚え方>
「十二分に自由な(12207)人生」

 特にコメントはありません・・・。

ISO15504
ソフトウェア開発を中心とした工程の評価の枠組み

 「工程の評価」というのが、後で出てくるプロセスの話です。よく知られているCMMIの作成者が策定に関わっているようで、能力レベルの定義もそっくりそのままです。

<覚え方>
「以後こうしよう(15504)とプロセス改善」

IEEE規格

 ひたすら列挙。無意味なエントリですみません。

  • IEEE610: コンピュータ辞書に関する標準。
  • IIEEE829: ソフトウェアテストのドキュメントに関する標準。
  • IIEEE1028: ソフトウェアレビューに関する標準。
  • IIEEE1044: ソフトウェアの不正の分類に関するガイド。

 その他、もたくさんありますが、省略します。
 規格名だけ暗記しても、本質的な学習にはならん。といいつつ語呂合わせまで考えてしまうのでした。中学生レベルで申し訳ない。