ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

ソフトウェアの品質、テストなどについて学んだことを記録するブログです。旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

とは何か

モデルベースドテストについて学んでみよう ー その1

この記事は、「モデルベースドテストについて学んでみよう」2018年アドベントカレンダー、1日目の記事です。 こんな構成で、クリスマスまでに8夜分くらい書く予定です。 例によって、ISTQBシラバスを読みながら、自分の理解をまとめる。 MBTを実現するための…

機械学習の分野でも注目される、メタモルフィックテスティングとは何か。

先日のJEITAのイベントで、メタモルフィックテスティング(Metamorphic Testing、MT)というものを知り、「誰かMetamorphic Testingの勉強会やりませんか?」とブログに書いたところ、ソフトウェアテスト・ヒストリアンの辰巳さんが資料をたくさん紹介してく…

Let It Go (Software Edition) とは何か、しかも本気で歌っている件

RSSに飛び込んできたこのポスト、「ほう、JaSSTの替え歌みたいなものか・・・?」と思っていたら、youtube動画が。歌詞だけじゃなくておっさん紳士が全力で熱唱していました。 この歌詞をひねり出すのに何時間使ったんだろう。ホント、最高だよ。なのに再生…

ソープオペラテストとは何か。

さあ今日も、人の褌で相撲を取る「とは何か」シリーズです! 今日ご紹介するのは、Soap Opera Testing。Hanz Buwalda氏によるstickymindsの記事が、コチラ[pdf]にあります。 ソープオペラテストとは? 「ソープオペラ」の意味・語源は記事内でも紹介されてい…

シナリオベースの探索的テストとは何か。

2014年度に取り組もうと思っているテーマの一つが、「探索的テスト」です。もともとは「2014年に取り組もう」と思っていましたが、もう3ヶ月経ったので「度」で仕切りなおします。 探索的テストは一般的に、手順が明確に定義されたスクリプトテスト(自動・…

Property-based Testing、そしてExample-based testingとは何か。

Property-based Testingという概念があることを知りましたので、元ネタを読んでみました。 blog.jessitron.com Jessica Kerrさんのこの記事に、定義が書かれています。 Property-based testingでは、入力に対するコードの出力に関するstatementを作成する。…

「シナリオテスト」とは一体、何なのか - その3

その1、その2の続きです。 kzsuzuki.hatenablog.com kzsuzuki.hatenablog.com 今回の話はだいぶ机上の空論感が漂いますので、聞き流してくださいね。なお、「テストシナリオ」という言葉については、その1からオレオレ定義しており、ユースケースの結合的な…

「シナリオテスト」とは一体、何なのか - その2

間が空いてしまいましたが、その2です。「その1」と書いて放置しているエントリー、多そうだな・・・。 「テストシナリオ」という言葉はオレオレ定義していますので、その1のエントリーから読んでいただけると幸い。たこはちさんからコメントいただきました…

「シナリオテスト」とは一体、何なのか - その1

NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)の研究事業として、STE(Software Testing for Enterprise systems)という活動があります。エンタープライズ向けシステム開発におけるテストについての議論を行うもので、ぼくはその交流会に参加しています…

V&Vについて少し考えてみました。

ソフトウェアの品質保証の考え方であるV&Vについて、少し考えてみました。 「V&V」で検索すれば、電気通信大学の西先生の記事があり、これで十分でしょうが、自分の理解の整理のために書いておきます。 ソフトウェア工学の用語集であるIEEE Std 610.12-1990…

Rayleighモデルとは何か ─ その2

第1回の続き。 www.kzsuzuki.com Rayleighモデルを実際のソフトウェア開発プロジェクトに適用するうえで、わたしの実情では以下の3つの問題がある。 (1)「障害」の定義 テスト工程では「バグ」と言い換えてもいいだろう(「バグ(bug)」はSQuBOKでは定義され…

Rayleighモデルとは何か ─ その1

近年まれに見る羊頭狗肉さを誇るこのサイトだが、そろそろソフトウェア品質に関する記事も書かなくてはならない。ブックレビューの方が簡単に書けるもんだから、まったく趣旨と違う記事だらけになっている。今年こそっ・・・! 今日は、「Rayleighモデル」に…